見出し画像

NDBと介護DBの連結体制や費用負担を議論(6月14日)

厚労省の医療・介護データ等の解析基盤に関する有識者会議は6月14日、レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)と介護保険総合データベース(介護DB)の連結解析について議論した。厚労省は、「実施体制」「費用負担」「技術面の課題」について論点を示した。

費用負担については、利用件数の増加や解析の高度化が予想されることから、国による対応を基本とした上で、利用者負担についても検討する方向。同検討会は7月に中間とりまとめを行い、社会保障審議会の医療保険部会と介護保険部会に報告する予定。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。