見出し画像

事例でみる障害年金請求の勘所|#4 発達障害による請求事例

 ひとえに発達障害と言っても、その中にはいろいろな種類があり、発達障害者支援法において「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と定義されています。
 障害年金を請求する上での請求傷病名は、個別にこうした傷病名を記載しますが、その症状が多岐にわたって判別しにくいときは、発達障害という総称を請求傷病名にしても構いません。
 今回は、この発達障害による障害年金請求事例も検証していきます。

ここから先は

2,699字 / 2画像

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。