見出し画像

介護保険の費用額9兆9903億円(8月24日)

厚労省は8月24日、平成28年度介護保険事業状況報告を公表した。費用額や給付費、65歳以上の第1号被保険者数、認定者数、認定率などが過去最高を更新した。

利用者負担などを含む費用額は1.6%増加し9兆9903億円となり10兆円に迫った。給付費は1.4%増加し9兆2290億円となった。一方、1人あたり給付費が27年度に引き続き前年度よりも下がり、0.3%減少し26万8千円となった。

第1号被保険者数は、前年度から1.7%増加し、3440万人となった。増加の大半を75歳以上が占め、3.6%増加し1695万人となった。一方、65歳以上75歳未満の前期高齢者は0.02%の増加に止まり、1745万人。認定者数は1.9%増加し632万人に、認定率は0.1ポイント増加し18.0%となった。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。