見出し画像

全自病は民間病院の診療データ求める(11月21日)

全国自治体病院協議会の小熊豊会長は11月21日の会見で、厚労省が再編・統合の検討が必要という424の公立・公的病院を発表したことに反論した。

「丁寧な説明なしに公立・公的病院の実名を公表したことは遺憾だ。2017年6月の1カ月の急性期医療のデータによるもので、問題点が多い」と指摘した。

今後の対応では、「民間病院についても同じ条件でデータを示す必要がある。民間病院の同じ指標がないと、地域医療調整会議などで、公立・公的病院と民間病院が議論できない」と展望した。  

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。