見出し画像

日医が骨太方針2018の原案でコメント(6月6日)

日本医師会の横倉義武会長は6月6日の会見で、同5日に経済財政諮問会議に示された骨太方針2018の原案についてコメントした。横倉会長は「原案には、医療で給付費の自動調整、地域別の診療報酬、受診時定額負担の検討が盛り込まれており、日医は従来の主張どおりに反対する」と指摘した。

原案は、予防・健康づくりのために都道府県レベルで日本健康会議を開催することを指導しているが、これに対し横倉会長は「日医は健康寿命の延伸で医療費が削減できると考え、都道府県医師会に、行政や保険者と都道府県版の健康会議の開催を要請している」とコメントした。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。