見出し画像

NCの横断的支援組織は各NC内部の機能に(11月15日)

厚労省の国立高度専門医療研究センター(NC)の今後の在り方検討会は11月15日、NCの横断的・機能的な連携に向けた組織体制について議論した。

厚労省は、連携の中心となる組織体制に3類型の案を示した。

3案は、
①6NCの法人格を維持しつつ、研究業務の横断支援機能を有する7つ目の法人を新設
②6NCを1つの国立研究開発法人にした上で法人本部を設け、その下に各NCを設置
③6NCの法人格を維持しつつ、研究業務の横断支援組織をNC内部の機能に位置付け-となっている。 委員からは、NC内部の機能に位置付ける案を現実的として支持する意見が多かった。  

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。